pearified.com / 地域情報と旅行

長野でアットホームなウェディングはこちらがおすすめです
二人の結婚をお披露目する結婚式は、今までお世話になった方々に感謝の気持ちが伝わるようなアットホームなものがよいと考える方も多いですよね。
長野でゲストの方々に最高のおもてなしができる結婚式場をお探しの方には、アニヴェルセル長野がおすすめです。

アニヴェルセル長野は駅から5分の立地にあるため、県外からのゲストにもわかりやすく便利な場所にあります。
ゲストをお迎えするにあたって、交通の便が良い立地は大きなポイントですね。
アニヴェルセル長野ではアットホームなウェディングを演出するため、ソファースタイルでのパーティースタイルも可能です。
ソファースタイルは高砂などがないため、ゲストとの距離も近く、より身近にコミュニケーションがとれます。
また二人の想いを込めたオリジナルのウェディングプランをサポートしてくれますから、真心のこもったウェディングになることは間違いありません。
ワンフロア貸し切りの披露宴会場ですから、他の結婚式を気にすることもなく、小さなお子さまにもゆったりと過ごしていただけますよ。

さらに、ゲストをおもてなしするお料理にもこだわりがあります。
二人の出身の名産などを盛り込んだお料理は、見た目も素晴らしく、最良のタイミングで提供してくれます。
パーティーの最後にはデザートビュッフェも用意されており、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。
ウェディングフェアも開催されていますので、ぜひ体験してみてください。

四季で華麗な舞妓変身しよう。
世界の人が知っている日本と言えば、侍や舞妓さんのイメージが強いことでしょう。
そのイメージをさせるところとして京都が挙げられますが、外国人が訪れる観光地として人気があって、京都という所は世界中の人たちを虜にしていると言えるのではないでしょうか。
京都を観光で訪れると運が良ければ舞妓さんに出会えることがあるのですが、日本人女性なら一度はその姿に変身してみたいと思いませんか。
写真スタジオの「四季」ではみんなが憧れる舞妓変身を出来る所となっています。
ただ衣装を着るだけではなく、メイク・着付け・カツラまで「四季」ならではのこだわりで撮影をするといったプラン内容となっているそうです。
今ならキャンペーンをしているそうで、通常価格からドンと値下げして写真を撮ることができるのでチャンスとなっていますよ。
撮影場所も観光として有意義となれることでしょうし、自由散策もできて人力車体験もすることができるのでお得感があるでしょう。

地域情報

EH株式会社エクセルヒューマンの美味しいお酒
日本各地には、美味しい地酒があります。
その美味しさの秘密は、酒造によって違いもありますが、基本的になるのが水でしょう。
EH株式会社エクセルヒューマングループで営むEH酒造は、長野県安曇野市で酒造造りを行っています。
北アルプスから湧き出る水と、EH酒造で作りだす酒のコラボが、旨味を出している製法の1つとも言えましょう。
旨い酒を飲むと、心も温かくなります。
そんなお酒を造る様子を、現役女子大生でありミスキャンパスである3名がEH株式会社エクセルヒューマンEH酒造の酒文化を学びに行きました。
酒造の文化は、日本独特の古い歴史があります。
ただ、酔うだけのものの酒でなく、旨味を引き出すためにEH酒造は長い歴史の中から培ってきました。
その製法を見学するだけでなく、お酒の無料試飲をすることができるのです。
その様子をレポートにされているので、EH酒造×MISSCOLLEのホームページで紹介されていますので、ご覧ください。
2013年で関東のミスコンテストにおいて、グランプリを受賞した三名が、より見知をひろめるために日本の文化を学ぶ旅をしています。
その際に、EH株式会社エクセルヒューマン50周年を記念して、EH酒造へ訪問し酒造りについての思いをレポートしています。
お酒好きな人は、一読の価値ありますよ。

EH株式会社(エクセルヒューマン) presents EH酒造×MISSCOLLE
EH株式会社がミスキャンに日本の伝統文化を伝える
ミスキャンパスというと、昔は大学の中で騒がれる程度だったのが、最近ではテレビ番組やインターネットなどで話題となる機会も多くなりましたね。
キレイ過ぎるとか、可愛い過ぎると話題になったり、頭脳明晰な才色兼備ぶりが注目されたりしています。
そんなミスキャンパスたちがEH株式会社とかかわりを持っているという話を聞き、さらに興味を持ちました。
しかも、選ばれしは東大、慶応、青学という優秀な大学の麗しきミスキャンパスたちです。
EH株式会社では、彼女たちを安曇野の日本酒工場に招いて日本酒文化に触れる機会を提供したり、北三国ヶ丘の江久庵に招いて初めての茶室体験や伝統的な和菓子作りについて学ぶ機会を提供しています。
江久庵には美しい日本庭園や、名だたる日本画なども配されており、ミスキャンパスたちは用意された振袖に着飾って、やまとなでしこの嗜みを学んでいくのです。
なぜ、このようなことをEH株式会社が行っているかというと、安曇野で江戸時代から続く日本酒造りを継承したEH酒造や、こだわりのカステラや和菓子を造り続け、利休の茶の湯文化の復元を目指すEH製菓の心意気や伝統を、次世代に知ってほしいからだと感じます。
若い世代が日本の大切な心を知ることこそ、今後も日本酒や和菓子が愛されていくことに繋がることでしょう。http://www.eh50th.com/