太陽光発電を設置する際はメンテナンスも考慮して

地球温暖化防止や節電や省エネ対策、万が一の災害時の非常電源の確保といった目的から太陽光発電に関心が集まっています。
さらに売電制度がスタートしてからは、余剰電力の売電によるおこづかい稼ぎや、売電ビジネスによる本格的な収益確保のために大型の太陽光発電設備を設置するケースも増えてきました。
導入するうえでは、どのくらい発電量が確保できるのか、地域の日照時間や設置する方角や容量などからシミュレーションをすることが不可欠です。
どんなに高性能な設備やサイズの大きなパネルを設置しても、設置する場所や角度などによってはその設備で発揮できる最大容量のパワーを発揮できないからです。
シミュレーションで納得のいく発電ができると分かっても、プラスして考慮しなければならないことがあります。
それがアフターサービスに関することです。
太陽光発電の耐久性はその設備にもよりますが、10年、20年とロングランです。
ただ放置していてもそれだけ長持ちするわけではなく、きちんと整備を行い、環境が整った状態で期待できる年数になります。
安くない買い物ですから、できる限り長持ちさせて、効率よく発電したいものです。
そのためには定期的なメンテナンスをしっかりしてくれる、業者選びが重要なカギを握ります。

くわしくはここをクリック!