選び方が大切な水素水保存容器

しみ・しわなどのいわゆる老化現象を防いだり、癌や糖尿病、脳卒中、心筋梗塞などの疾病を予防するのに大切な身体の抗酸化作用、その働きを助ける還元作用のある水素水を飲む人が増えています。
そして、外出先や運動中・運動後の水分補給に水素水を利用しようとするときに気をつけておきたいのが保存容器です。
人によっては、簡単にペットボトルの空き容器や普通のステンレス魔法瓶の水筒などを利用しているかもしれませんが、それでは邯鄲に水素が抜けて酸化状態になり還元力が弱くなります。
また、容器から一度に全部飲まずに、必要な量をその都度飲むといったことが多いので、その場合は容器の中に入った空気と水素が反応して還元力=酸化還元電位)が低下してしまうそうです。
そこで、専用の保存容器や市販品の使用済みアルミパウチなどを利用することをおススメします。
アルミパウチがいいのは、容器の中に入った空気を脱気して利用すると還元力が低下しません。
また専用の保存容器でも空気に触れないのであれば、還元力が低下することはありませんが、容器の中に空気があると酸化して還元力が低下してします。
そのため専用の容器でも脱気できる機能がついたものが良いでしょう。
また、サーバーから注水しやすいかどうかも容器選びのポイントとなります。