白内障は簡単に治療できる時代です

もしもご自身やご家族が白内障と診断されたら、まずはどんな考えが浮かぶでしょうか。
視力が低下していくことを恐れたり、今後の治療に不安を覚える方もいることでしょう。
いずれは手術をすると聞き、手術への不安を感じる方も多くいらっしゃいます。
しかし今や白内障は簡単に治療できるようになってきています。
ごく初期であれば薬での治療をすることも可能です。
しかし薬は症状の進行を抑えるもので、完治させるものではありません。
そのため、いずれは手術をする可能性が高くなります。
手術となると、仕事や生活に支障がでることを心配される方もいますが、ほとんどの場合入院する必要がなく日帰りでの手術です。
ごく簡単な手術なので、初期に発見できれば薬で治療しつつ手術時期を相談し、患者さんの都合の良い時期にできるだけ合わせることが可能です。
何よりも大切なのは、早期に発見をすることです。
少しずつ症状が進行する場合、すぐに手術が必要になるまでご自分が白内障であることに気づかない場合もあります。
なんだか最近見え方が変わってきた、視力が悪くなってきたなど、ふとした気付きの時点で眼科で検査を受けるようにしてください。
ご自身だけでなく、ご家族なども最近目に違和感があるような素振りがあれば、眼科受診を勧めてあげると良いでしょう。

くわしくはここをクリック