矯正歯科をするタイミング

歯並びを良くする事で、外観だけでなく体の調子も整える事ができることから、矯正は大変大切な治療の一つです。
できれば、矯正を行うタイミングは、小児の頃から早めに治療に取り掛かるのがベストですが、大人になってしまったからと言って治療が不可能というわけではないので、成人の方も、気になる方はすぐにでも通院するべきです。
本来ならば、6,7歳から始めるというのが理想ではあります。
このころは乳歯がちょうど抜け落ちて上下の前歯が生える時期が良いのです。
ただ、成人になっても歯がしっかりしている事、そして歯周組織がしっかりしていることが大切です。
歯並びが悪いことによって、高齢になるほど悩まされる歯周病の原因にもなってきますので、速めに歯科に通って治療していくと良いですね。
ただ、矯正となると器具が目立って恥ずかしいという方もいらっしゃいます。
今は医療が進んでいるため、見えない器具であるアソアライナーも誕生していますので安心して治療に取り組めることでしょう。
ちなみにアソアライナーは透明のマウスピースで、少しずつ歯を動かして治療していくものです。
ただ、優れている分、通常の器具より高額になるので、お財布と相談しながら選択すると良いでしょう。