水素水は複数の方法でつくられています

水素水は体内の活性酸素を除去する作用があり、アレルギーの抑制効果やエネルギー代謝を高める効果などがあることが知られています。
これらの水は、ガス充填やマグネシウム反応、電気分解の三種類の方式でつくることができます。
ガス充填方式では、水に圧力をかけて水素ガスを充填する形で作られます。
ペットボトルなどの水素水はほとんどがこの方法で作られており、水の美味しさを保ちながら水素が充填できるというメリットがあります。
マグネシウム反応の方式では、水とマグネシウムを化学反応させることで水素の入った水を作ります。
このタイプの商品は、水に入れるスティックとして販売されています。
マグネシウム反応方式では水とともにマグネシウムも作られるため、水素と一緒にマグネシウムが含まれた水を摂取する形になります。
電気分解方式では、文字通り水を電気分解することによって水素を発生させます。
このタイプの方式は水素生成期や水素水サーバーで採用されており、安定した濃度の水素が入った水を作れるというのが最大のメリットです。