SNSを有効活用している晴れ屋

「晴れ屋」に限った事ではないのですが、そのサイトだけですべての情報を提供するのではなく、FacebookなどのSNSを利用し来客を増やしに行き、また情報を拡散することにより来客が更に来客を呼び、売り上げに繋がっていると感じます。
SNSは今や人と人を繋いでくれるのに必需品となっているのではないかと思います。
またアメーバブログも行っているためFacebookを行っていない者や逆にアメーバブログを行っていない者にも対策しています。
どちらのSNSも利用していない者にとっても1つのSNSではなく2つのSNSを利用している事によって拡散される範囲が広がると言えます。
しかし、ただ多ければ良いというものでもなく、レストランの予約をするような年齢層に向けての物であるため、Twitterやlineの公式アカウントをつくったりせず最低限のSNSでターゲットを絞っているのではないかと考えます。
ここで述べたいのは、このサイトは闇雲に色々な物に手を出すのではなくしっかりとターゲットを絞ることの出来る消費者への理解が進んでいる企業であるという事です。