歯科助手の求人について

ここでは歯科助手の求人について言及する。
歯科助手は治療補助の他、雑務として器具の清掃・準備・補充、石膏などの練和、消毒作業、患者の対応・介添、受付などを行う。
そのネーミングから、一見責任の伴わない助手作業に終始し、軽度の業務という印象があるが、実際は覚えることも多く、細かな作業などから神経の使う業務である。
治療補助は技術を要するため仕事がまともに身に付くまで相当時間がかかる。
専門用語も飛び交い、慣れない内は大変である。
また歯科医師や歯科衛生士はプライドが高く且つ神経質な人も多く、その対応も人によっては苦労するだろう。
求人については、未経験者OKのところと経験者優遇のところがあり、事前によくチェックしておく必要があるだろう。
中には未経験者OKで、研修制度を取り入れているところもある。
歯科助手として働くために資格は絶対的に必要ではない。
しかしながら、知識や素養を計る尺度としての認定資格は存在する(日本歯科医師会認定歯科助手資格制度/日本歯科医師会認定)。
また仕事の性格上、場合によっては受付や事務とクロスオーバーするところがあるため、歯科によっては各歯科事務関連の資格(医療事務技能審査試験、診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務管理士技能認定試験)が就職に有利になる場合もあるだろう。