隠れ家的存在が一戸建ての中に存在

こんな所にも部屋があるのっていう一戸建てがありました。一戸建ての階段の下の部分のスペースに部屋を作ってしまったという場合です。2階建ての一戸建ては2階部分に上がるためにどうしても階段を家の中に設ける必要があります。そうすると一戸建てのい階段のから下のスぺースは一戸建ての一階部分の壁や天井の一部として扱われる事が多いのですが、その一戸建ては空いている階段下部分を壁で覆って一部屋分確保したわけなんです。意外と広いスペースができるもので、立派な子供の遊び場、もしくは勉強スペース、小さめの子供部屋が出来てしましました。スペースの有効利用ですね。一部の壁は階段の裏にあわせて斜めになっているので少し要注意です。