お袋の味を再現するのに一番いい方法

どうしても真似できない食品、これはお袋の味ではないでしょうか。どんなに真似て作ってみても母の作った肉じゃがや餃子の味はなかなか出せないものです。このお袋の味を規格書にしてみるととっても興味深い規格書が出来上がるのに違いありません。まず食品を扱う母の手、一本一本の指は周囲4センチ以上無ければならない。手の温度は36度以上である事、そして手の湿度70%以上を保有することなんていう調理器具になる手の部分から始まらなければいけないそんな規格書になりそうな予感です。食品を加工するまな板木製で少なくとも10年以上は使用したものが望ましく、30年以上を超えてはならない。包丁の素材は食品の断面が粗くなるセラミックであってはならない。こちらをクリック