アロマセラピストに向いている人は

アロマセラピストという仕事は、人に癒しを与えたいという気持ちを持っている人にこそ向いていると思います。
アロマセラピーそのものが、癒しを求める人に対して行われるものですから、それを仕事にするアロマセラピストは、もともと人に対してやさしい人なのではないかと思います。
疲れた人、元気をなくしている人を癒して、ハッピーになってほしいと思えるような人でなければ、アロマセラピーを仕事にはしていけないと思います。
周りの人などどうなってもいいと思うような人には、人を癒してあげたいという気持ちそのものがないので、不向きだと思うのです。
アロマセラピストとして活躍するには、何よりも相手のことを理解できる洞察力と優しさが必要になってくるでしょう。