不動産担保ローンの審査基準をまとめると

なぜ、ローンを借りる際審査が必要なのでしょうか。
それは貸し倒れや未回収のリスクを減らすため、返済能力があるのかどうかを判断するためです。
ローンを借りる際、他社借入など返済状況、税金の未払い、滞納、収入と借入額の返済比率、勤続年数、事業年数、雇用形態、業種、職種などが審査され、日本保証で扱っている不動産担保ローンの場合担保価値も審査基準に加わります。

不動産担保ローンでは担保価値、税金の未納、滞納が審査の際に重視され無担保ローンでは他社の借り入れ状況、勤続年数、雇用形態が重視されます。
借入額は金額が少ない場合は収入が少なくても問題ありません。

不動産担保ローンは不動産、無担保ローンは契約者本人と審査の際チェックするポイントが異なってくるため審査結果が変わってくるのです。
無担保ローンは担保なしで即日融資可能な会社が多いので少額をすぐに借りたい人に向いていて無担保ローンは多額で長期のお金を低金利で借りたい時に向いています。
無担保ローンは金利が高い、不動産担保ローンは返済が滞った際に不動産を失うなどどちらのローンもメリットデメリット両方があるので、それぞれの特長を理解してから自分の返済プランに合ったローンを選びましょう。